マンション経営の勧誘電話を即切り出来ない方の対処方2 マンション経営電話勧誘対策情報

マンション経営の勧誘電話を即切り出来ない方の対処方2




前回に続いて即切り出来ない方の為の断り方を紹介します。

私:「お電話代わりました○○です。」
相手:「私、株式会社△△の□□と申します。」
   「本日は都内の賃貸マンションの経営に関してお話がありまして・・」

今まではこの時点で断りを入れていましたがこんな回答はどうでしょうか?
1.「いや、今月いっぱいでリストラが決定していまして、
   貯蓄も無いですしとてもマンション経営なんて・・」
  →基本彼らは年収が低い人は相手にしません。
   私の場合「年収300万円切っていても出来ますか?」
   と聞いたら向こうから切ったことがあります。

2.「今年自己破産しました。」
  →これも同様ですが嘘がばれないようにしましょう。

3.「もう、マンション経営の契約したから間に合っている。」
  →この回答はマンション経営以外の勧誘にも使えます。
   「どこと契約したか」など聞かれたら、「プライベート
    なことは話せません!」でいいでしょう。

以上ですが「お金が無い」、「もう経営している」と言って相手に長話をさせないことが重要です。また、嘘がばれるようなしどろもどろな会話にならないように気を付けましょう。


posted by gawasi at 23:46 | Comment(0) | マンション経営勧誘電話の対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。