マンション経営の勧誘電話を即切り出来ない方の対処方 マンション経営電話勧誘対策情報

マンション経営の勧誘電話を即切り出来ない方の対処方




マンション経営の勧誘電話に対しては即切りが一番だと説明してきましたが新入社員だったりと即切りがどうしても出来ない方の対処方法を説明します。

私:「お電話代わりました。○○課です。」
   →部署名で電話に出ることがポイント
相手:「私、株式会社△△ですけど□□さんお願いします。」
   →聞いたことの無い会社だし、名前を名乗らない。
   →電話の後ろがざわついていればほぼ勧誘電話。
私:「申し訳ございません。□□は長期出張の為不在です。」
  「宜しければもう一度御社名とご担当者のお名前、電話番号を頂ければ□□から電話させますが?
   →会議中や外出だとすぐかかってくるので転勤、退社も有効。

大抵の勧誘業者はここで電話を切りますが中には「昨日はいた」、「緊急だからすぐ繋げろ」と言ってくる相手もいます。
このような場合は慌てずに用件と電話番号をしつこく聞いて折り返し電話すると言い続けましょう。
ほとんどの業者は用件を言えるわけないのでここで引き下がるはずです。
結果的には嘘をつくことになりますがこんな相手に悪いと思う必要はありません。


posted by gawasi at 21:26 | Comment(0) | マンション経営勧誘電話の対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。